webライティング

【メリットがいっぱい!】副業にwebライターがおすすめの理由【デメリットも紹介】

「webライターは副業で人気って聞くけど、なぜ?」

「家で仕事ができること以外にメリットはあるの?」

そんな疑問をもったことはありませんか?

最近ではwebライターを始める人が増えているため、”在宅でできる副業=webライター”を思い浮かべる人も多いでしょう

今回は、webライターに興味がある人・webライターが自分の生活スタイルに合うか知りたい人向けに、メリットとデメリットをお伝えします

一般的なメリットに加え、現役webライターの私自身が感じているメリットも紹介していくので、参考にしていただけると幸いです

webライターの素晴らしさを知ることができるこの機会を逃さないために、ぜひ最後まで読んでいってください!

メリット

それではさっそく、メリットからお伝えしていこうと思います

好きな場所で仕事ができる

webライターのメリットと聞いて1番最初に思いつくのは、やはり”場所”でしょう

パソコンとインターネット環境さえあればどこでも仕事ができるため、子育てをしている主婦の方にも人気の職業です

私はカフェが大好きなので、Wi-Fiの飛んでいるカフェに行き、コーヒーを飲みながら記事を執筆することも多々あります

天気の悪い日や暑い日など、外に出る気分ではないなと思うことはありませんか?

そんな時は、1日中家に引きこもっての作業も可能です

好きな場所で仕事ができるのは、webライター最大のメリットと言えるでしょう

手軽に始められる

webライターは、手軽に始められるという面でも人気です

必要なものはパソコンとインターネット環境だけ!

資格も必要ありません

実績も何もない状態からスタートする場合、無料で登録できるクラウドソーシングを利用すると、さらに手軽に始めることができますよ

webライターの詳しい始め方は、こちらの記事をご覧ください

自分次第で収入UP

子育ての合間や副業としてwebライターを始める場合は、会社に勤めるのではなくフリーランスとしての活動となるでしょう

フリーランスは企業に勤めるのとは違い、どれだけ仕事をこなしたかによって収益が変わってきます

時給制ではどんなに頑張っても給料は一定ですが、フリーランスは頑張った分だけの報酬がもらえるのです

また、同じ依頼者と長く付き合っていくと、単価アップなんてことも

コツコツと継続していくことが大切です

隙間時間を有効に使える

「ちょっと空いた時間で、何かできないかな?」

そう思っているあなたは、webライターに挑戦してみる価値があるかもしれません

子育て中の主婦の方は、”子供が寝ている少しの時間をつかって収入を得る”なんていうことができるのです

もちろん、楽して稼げるわけではありません

それなりの知識を得て、経験を積んでいく必要はあります

しかし、想像してみてください

毎月”プラス1万円の収入”があるとしたら、何ができるでしょうか?

  • 家族で外食ができる
  • ゲームや漫画を買う資金にする
  • 普段は高くて買えない服を買う

考えただけで、少しワクワクしませんか?

隙間時間をつかうだけで、生活の質を少しだけ上げることができるのです

知識が増える

1つ覚えていて欲しいのは、webライターは必ずしも興味のある題材だけを取り扱える訳ではないということです

今まで興味をもったことがなく、何の知識もない記事を書くこともあるでしょう

webライターは自分で情報収集をしなければいけない仕事なので、初めは面倒に思うかもしれません

しかし、情報収集をしていくうちに、興味が湧いてくる内容も多々あります

調べた情報は知識として吸収できるため、人にアウトプットしていくのもいいでしょう

webライターは今まで自分が知らなかった世界を知るきっかけになるのです

デメリット

ここまでメリットを紹介してきましたが、webライターには大変なこともあります

人との差別化が必要

webライターの人口が増えている今、人との差別化をしていかなくてはいけません

なぜなら、同じような経験値のライターが増えるということは、1つの案件に応募が殺到することになるからです

その中で自分を選んでもらうためには、それなりのアピールをする必要があります

依頼者から差別化をしてもらうためには、資格やブログが有効です

webライターにとって有利な資格を取るとプロフィール欄に載せることができますし、ブログは記事をポートフォリオとして提出することができるでしょう

ポートフォリオとは、簡単にいうと”自分の作品集”のようなものです

自分から動かないと稼げない

webライターを始めるとき、何をしたらいいか分からず、依頼がくるのを待っている人を見かけることがあります

しかし、残念ながら受け身のままでは案件の確保はできません

webライターとして仕事をするためには、自分から動く力が必要なのです

では、未経験からwebライターとして仕事をもらうためには、まず何をしたらいいのか?

答えは、クラウドソーシングに登録して案件を獲得することです

仕事をもらうコツについては別の記事で詳しく説明しているため、こちらを参考にしてください

大きな収入は得られない

webライターは、初めから大きな収入を得られる訳ではありません

文章を書く練習をし、実績をつくっていくことで、安定した収入を得られるようになっていくのです

webライターは“手軽に始められる仕事”ではありますが、”手軽に稼げる仕事”ではありません

そのあたりをしっかりと理解してから始める必要があります

個人的な気持ちの変化

webライターになる前と後で、私の気持ちには変化がありました

  • 言葉の大切さに気づけるようになった
  • 文章が好きになった
  • 人と会話をするのが楽しくなった

元々どれも好きでしたが、webライターとして働き始め、より一層好きになったと感じています

言葉の大切さに気づけるようになった

いつも何気なく使っている”言葉”

単語を少し変えるだけで、ニュアンスや伝わり方が大きく変化すると感じたことはありませんか?

webライターは、言葉を操る仕事です

相手が求めている情報を、正確にわかりやすく伝えるスキルを身につけていく必要があります

webライターを始めてから、言葉選びや伝え方を日頃から気にするようになりました

内容が正確に伝わらず、相手に嫌な思いをさせてしまったら悲しいですもんね

言葉は、ほんの少しの意識であなたを変える力をもっているのではないかと感じています

文章が好きになる

本を読んで恐怖を覚えたこと、漫画のセリフに感動したこと、あなたも1度はあるのではないでしょうか

なぜその文章はあなたの心を動かしたのか?

それは、考えぬかれた文章だからだと私は思っています

その洞窟は静まりかえっていた
コウモリが音をたてて飛んだ
私は怖くなって逃げ出した
 
その洞窟は静まりかえっている
コウモリが音をたてて飛び、
私は怖くなって逃げ出した
 

内容は同じなのに、臨場感が変わったと感じませんか?

このように、ほんの少しの違いで全く別の文章になるのです

webライターとして働き始め、文章の面白さに気がつくことができました

人と会話をするのが楽しくなる

私は元々、人と会話をするのがとても好きです

自分にはない知識をもっている人、自分にはない考え方をもっている人

いろいろな人がいて、とても面白いと感じています

webライターとして言葉と深く関わるようになり、その気持ちはよりいっそう強くなりました

言い回しが素敵な人や、きれいな日本語をつかう人

自分の周りにどれだけいるか、気にしたことはありますか?

正しい日本語は、人を美しくみせる要素の1つだと思っています

webライターは言葉を学べるため、同時に人間力を高めることができるのです

まとめ

ここまで、webライターになるメリット・デメリットを紹介してきました

  • 好きな場所で、自分の生活スタイルに合わせた働き方ができる
  • 自分次第で収益が変わる
  • 人との差別化を意識しつつ、自分から仕事をとりにいく

上記の内容を、自分の生活に当てはめてみてください

webライターの仕事が自分に合っているか、判断する材料になるはずです

美しく正しい日本語をつかえる人は、魅力的だと思いませんか?

そんな魅力的な人に近づける方法の1つが、webライターなのかもしれません

この記事を読み、webライターに興味をもってもらえたら嬉しいです