webライティング

【初心者向け】未経験からwebライターになるためには【始め方や勉強方法も紹介】

パソコンで作業をする女性

「webライターって未経験でもなれるの?」

「webライターになるには何をしたらいいの?」

そんな疑問を持っていませんか?

webライターは、パソコンとインターネット環境さえあれば誰でも目指せる職業です

副業として稼ぎたい人に人気があるため、興味を持っている人も多いでしょう

今回はwebライターとして仕事をしたい人向けに、今知っておくべき知識をお伝えしようと思います

この記事を読むと、こんなことがわかります

  • webライターとは
  • webライターになるためには
  • 必要な環境
  • 必要なスキルや資格
  • 向いている人・向いていない人
  • 勉強の仕方
  • 私が初めにしたこと

これからwebライターになりたい人、未経験でもwebライターになれるか不安な人におすすめの内容です

ぜひ、最後まで読んでいってください!

webライターとは

webライターとは、webサイト上の記事を書く人のことを指します

ニュースサイトや取材のレポ、商品の販売ページなど、活躍の場所はさまざまです

雑誌や新聞などを書く仕事とは異なり、web上の検索結果でサイトが上位に表示されるための執筆が求められます

webライターになるためには

webライターとして仕事をするための方法は、大きく分けて2種類あります

  1. 企業に勤める
  2. フリーランスとして働く

それでは、順番にみていきましょう

企業に勤める

企業の中には、webライターを正社員やアルバイトで募集しているところがあります

記事・文字の単価ではなく時給制での仕事となるため、安定した収入が得られることが最大のメリットです

また、必ず指導者がいるため、自分の力だけで勉強するよりも早く成長できます

デメリットとしては、会社に出勤して仕事をするため、時間に縛りができることです

企業に勤めると、ライティングの他にも下記のような仕事をすることになるかもしれません

  • 取材
  • 記事の分析
  • 会議
  • 会社の行事に参加

webライターとしてのノウハウを学べ、安定した収入が欲しいという方は企業で働くのがおすすめです

フリーランスで働く

副業で稼ぎたい人、子育てをしながら働きたい人には、フリーランスで働くのがおすすめです

中でも、クラウドソーシングを利用するのがいいでしょう

クラウドソーシングとは、インターネット上で不特定多数の人に仕事を依頼したり、受けたりできるWEBサービスの名称です

「ランサーズ」「クラウドワークス」が特に有名なので、フリーランスで働く人はどちらも登録しておきましょう

クラウドソーシングは誰でも気軽に始められ、自分の生活スタイルに合わせて仕事をすることができるのがメリットです

収入に関しては、記事・文字の単価で報酬が決まるため、ばらつきがでます

また、初心者のうちは単価が安くなりがちなので、大きく稼ぐのは難しいかもしれません

仕事をこなし実績をつくるにつれ、単価の高い案件も受けられるようになってきます

まずは、たくさんの記事を書くことを心がけましょう

クラウドソーシングについては別の記事でも詳しく解説しているので、参考にしてみてください

webライターになるために必要なスキル

webライターを目指している人、webライターとして働き始めた人は、どのようなスキルや資格が必要になってくるのでしょうか

順番に解説していきます

必要なスキル

webライターは、物事を正確にとらえ正確に発信するスキルが必要です

自分が伝えるべきことを、文章を使って正しく表現する

相手がどのような情報を求めているかを読みとる

これらのスキルがないと、有益な情報を正しく伝えることはできません

そして次に必要なのが、SEOの知識です

SEOとは簡単にいうと、自分のサイトやブログを検索結果の上位に表示させることをいいます

どのようなキーワードで検索したら自分のサイトがヒットするのかを、常に意識してライティングするということです

クラウドソーシングの案件にはブログ形式の依頼もあるため、必ずしもSEOの知識が必要な訳ではありません

しかし、本格的にwebライターとして活動していくのであれば、いつかは必要となります

早いうちから勉強しておいて損はないでしょう

webライターになるための必要な資格

結論からいうと、必要な資格はありません

冒頭でもお伝えした通り、パソコンとインターネット環境さえあれば誰でもなることができる職業です

しかし、資格を持っていても意味がないという訳ではありません

企業で働くなら履歴書に、クラウドソーシングで働くならプロフィールに資格を書いておくと、他の人との差別化ができ有利でしょう

資格をとりたいのであれば、下記がおすすめです

  1. webライター検定3級
    webライターの基本を問われる、クラウドワークス内で受けられる検定
    クラウドワークスで仕事を受けるのに有利
  2. ビジネス著作権検定
    webライターを目指すなら必ず知識が求められる、著作権に関する検定
    国内で唯一の著作権に特化した試験
  3. 日本語検定一級
    日本語を使うすべての人のための検定
    正しい日本語が使えるかを測る
  4. webライティング技能検定
    ライティングの基礎やスキル、ビジネスマナーについての資格
    クラウドソーシングで仕事を受けるのに有利
  5. webライティング能力検定
    webライターに必要な日本語に関する問題、薬機法や著作権についてなど幅広く問われる資格
    信頼性の高い文章を書くために必要な知識が学べる
  6. 文章読解・作成能力検定
    文章の作成や読解力を測る検定
    他人の文章を正確に読み取り、自分の考えを的確に文章で表現する能力が身につく

webライターに向いている人

webライターに向いているのは、どんな人なのでしょうか

1つずつ解説していきます

文章を読み書きするのが好き

webライターは書くことが仕事だと思われがちですが、情報収集には他の人の記事や本などを読むことも大切です

そして何より、書いていて楽しいと感じられることが長く続けていくために必要でしょう

今、自分にどれだけ読み書きのスキルがあるかを考えるよりも、楽しんで書けるかを自分に聞いてみてください

スケジュール管理ができる

webライターだけに限った話ではないですが、仕事は納期厳守です

基本的には、一度クライアントなどと決めた納期は後から変更できません

万が一、納期に間に合わなくなってしまった場合は、早めに連絡しましょう

納期遅れが続くと、契約を切られてしまうこともあるかもしれません

自分の執筆や情報収集のスピードを把握していく必要があります

黙々と作業するのが好き

webライターは、情報収集や指定の文字数に合わせたライティングなど、基本的には1人でこなす作業ばかりです

取材などに行くことがあれば別ですが、案件によっては1人で1日中パソコンと向かい合うことも多々あります

自分のペースでコツコツと作業ができる人にはぴったりな仕事でしょう

素直

自分の記事を提出したあと、クライアントなどに修正の依頼をされることがあります

webライターは、自分という人間を出せる場所ではありません

クライアントが求めている記事を最優先して執筆するため、修正の依頼は素直に受け入れましょう

他の人に宛てた修正の依頼がみられる場合は、参考にさせてもらうのがおすすめです

どのような書き方をしたらいいのか知ることができるため、自分の成長に繋がります

webライターに向いていない人

結論からいうと、上記の「webライターに向いている人」に当てはまらない人です

こちらも1つずつ解説していきます

文章を読み書きするのが苦手

webライターは、読み書きありきの仕事です

どちらか一方だけ好きという人もいるかもしれませんが、慣れるまでは大変かもしれません

読むのも書くのも、回数を重ねていけば慣れるものです

変に苦手意識を持つ必要はないので、練習していきましょう

スケジュール管理ができない

webライターは納期厳守な仕事です

「複数の納期が重なって間に合わなくなってしまった」ということにならないよう、スケジュール管理はしっかりとしておく必要があります

人と一緒に作業がしたい

1人で作業するのが苦手な人、意見交換をしながら仕事を進めたい人には向かない仕事です

webライターは基本的に、1人で情報収集や執筆を担当することになります

クラウドソーシングで仕事をする場合、連絡の手段はメッセージかChatworkになることが多いでしょう

直接会話をしたい人、1人でコツコツと仕事ができない人には難しいかもしれません

人のアドバイスを聞けない

自己主張が強く、自分の個性を出したい人には向かないでしょう

webライターは、あくまでクライアントや読者の望む記事を書く仕事です

自分の個性を出したい人はwebライターではなく、ブログの運用をするのがおすすめです

webライターの勉強の仕方

webライターは、文章で物事を正確に伝えるスキルが必要になります

そのスキルを身につけるためには、それなりの勉強が必要です

では、どのように勉強したらいいのでしょうか

本を読む

手軽に始められるおすすめの勉強法は、本を読むことです

文章の書き方やSEOに特化した内容など、たくさんの本が売られています

その中でも、webライターとして知識をつけたい人におすすめの本は下記の2冊です

その①:沈黙のwebライティング

「webライティングとは何か?」を学べる本です

webや雑誌には、それぞれ異なった書き方があります

SEOを意識した、webライティングならではの書き方を学びたい人におすすめです

その②:新しい文章力の教室

あなたは文章を「書きながら」考えていませんか?

文章が書けない理由は、書く前にあるのかもしれません

文章を書ける人が自然にやっている、誰にでもできる基本を教えてくれます

オンライン講座で学ぶ

本で勉強するだけでも、それなりに知識がつきます

しかし、「自分で学ぶのはめんどくさい」「誰か手っとり早く教えて」と思う人もいますよね

そんな人はオンライン講座を検討してみてもいいかもしれません

自分で勉強するよりも本格的に、短時間で学ぶことができます

  • 仕事受注率100%
  • プロによる3ヶ月間マンツーマンサポート
  • 一度申し込みをすると永続的に何度でも学習可能
  • 記事執筆の基礎・SEOのノウハウ・検索キーワードの見極め方などが学べる

webライターに必要なスキルを全て学べる講座です

私が最初にしたこと

webライターとして活動をし始めて、私が最初にしたことを紹介します

クラウドソーシングへの登録

webライターとして活動するにあたり、まず最初にしたことがクラウドソーシングへの登録です

すでにwebライターとして活動している人に、このような人は多いと思います

クラウドソーシングは、webライターを始める取っ掛かりとして最高のサービスです

自分に合った案件を見極める必要はありますが、誰でも始められるためハードルは低いでしょう

私はクラウドワークスとランサーズどちらにも登録していましたが、今はクラウドワークスを主に利用しています

クラウドワークスの口コミや評判が気になる人は、下記の記事も参考にしてみてください

まずはクラウドワークスとランサーズどちらも登録してみて、自分に合った案件が多い方を軸に仕事を受けるといいでしょう

SEOの知識を身につける

WEB上で人に読まれるための文章を書くには、SEOの知識が必要です

私は上記でも紹介した「沈黙のWEBライティング」という本でSEOを学びました

また、クラウドソーシングで“初心者にSEOを教えてくれる案件”を積極的に選んで受注していたのも、知識をつける上では大きかったと思います

勉強の仕方は人によりますが、自発的な勉強と人から教えてもらう勉強、同時進行で上手にレベルアップしていきたいですね

まとめ

webライターは、パソコンとインターネット環境さえあれば誰でもなることができます

  • 企業とフリーランスのどちらで働くかを決める
  • 勉強してスキルを身につける
  • 仕事を受ける

基本的にはこの3ステップです

“勉強”と“仕事を受ける”のは、同時に進行しても問題はありません

誰でも目指せるハードルの低い職業だからこそ、ライバルが多いのが現状です

他の人との差別化を図るためにも、それなりの努力は必要でしょう

しかし、相手に伝わる言い回しや言葉選びをしていくことは、日常の会話でもとても役に立ちます

副業として隙間時間を有効につかいたい人、子育てをしながら少しでも収入を得たい人にもwebライターはおすすめです

この記事を参考に、ぜひwebライターとしての活動を始めてみてください!